ブログ|曹洞宗竹駒山延命寺(岩手県陸前高田市の寺院)

 

春彼岸、先祖供養法要のご案内

 

 

春彼岸、先祖供養法要をご案内します。先祖代々の卒塔婆をお申し込みされましたお方には、ご本尊様に各家のご先祖さまを申し上げ供養致します。勿論、卒塔婆を申込されずに、法要に参加されても結構でございます。是非お誘い合わせのうえ、ご参詣下さいますようご案内申し上げます。

※輪袈裟の着用をお願いします。

日 時  平成30年3月21日 水曜日(中日)

午前10時より

場 所  延命寺本堂

卒塔婆志納金  金、3,000円

〜写経のすすめ〜

延命寺では、般若心経の写経用紙を配布しております。

書き終えました写経は願目を記して後、千本の手眼によって衆生を漏らさず救済されるといわれる瀧山千手観音に納経下さい。

 

 


2018年2月24日

先日、教区青年僧の研修会に参加してきました。

研修先は奥州市水沢にある大梅拈華山正法寺です。日本一の茅葺き屋根に圧倒されました。

IMG_0254

IMG_0260IMG_0255IMG_0263 2


スキャン 2スキャン 3


釈迦十大弟子の一人で天眼第一と称されます。阿難同様、お釈迦様の従兄弟。苦行の末に失明したが、その代わり天眼を得ました。

延命寺涅槃図には2箇所に描かれており、1つは阿難に水を注いでいるところ。2つは天より駆けつける摩耶夫人を先導しているところです。

IMG_3190


摩耶夫人はお釈迦様の生母で、出産後七日目でお亡くなりになりました。

涅槃図には、お釈迦様の入滅に天より駆けつける摩耶夫人が描かれています。

IMG_3190


釈迦十大弟子の一人で多聞第一と称されます。お釈迦様の従兄弟。涅槃図では宝台の前に横たわっています。悲しみのあまり気を失っているのです。そこに長老阿那律(アヌルッダ)が鉢に入った水を阿難に注ぎ、助け起こしています

IMG_3194


鍛冶屋の息子 純陀はお釈迦様に茸料理を差し上げました。お釈迦様はその食事によって激しい下痢を起こしたとされています。涅槃図の前正面にはひれ伏して泣く純陀が描かれています。

junnda


涅槃図のお釈迦様は金色で描かれています。

お釈迦様が沙羅双樹の下で休まれている時に、福貴(プックサ)とういものが金色の布を捧げました。お釈迦さまはその布を体に纏って最後の説法をし、頭北面西にて入滅されました。

IMG_3189 2


2018年2月1日

IMG_0234

2月はお釈迦さまが入涅槃(入寂)された月です。

延命寺では本日から入涅槃された15日まで涅槃図を御開帳しております。多くの皆様のお参りをお待ちしております。


我が家では4年程前よりペレットストーブを使用しています。

先日、ペレットストーブについて興味を持っている方から様々尋ねられたので、書いてみたいと思います。

我が家のペレットストーブはさいかい産業製ss1というもので、FF式温風ファンヒータです。購入の理由は隣町住田町で町をあげてペレットストーブの普及に努めていて、前町長さんより薦められて購入したといったところです。

購入先は竹駒町の長谷川建設で、取り付けもお願いしました。取り付けにあたり、煙突工事は必須です。また、ストーブは重量物(87kg)なので床の補強も必要かもしれません。結構場所をとります。w480×d534×h770という大きさです。

燃料となるペレットは住田町の住田交運から1袋20kg443円(税込、平成30年1月時点)で購入しています。(おそらく全国でも一番安いのでは⁈)1日1袋を使用します。

着火は面倒です。着火前に炉内の残灰を捨て、手動で種火を起こします。私はキャンプ用の着火材を使っています。(これが一番安い)炉内に供給されるペレットの燃焼が始まるまで5分くらいかかります。(時々、失火しますが、そうなると炉内は不完全燃焼で煙だらけとなります)

スイッチボタン一押しですぐに温風がでるわけではなく、10分位かかります。20分程で熱い温風となります。

 

定期的に手入れが必要です。毎日残灰を捨てます。2週間毎に炉内全体を掃除します。一ヶ月毎に煙突掃除。シーズンオフには業者さんによる点検。大変手間のかかるストーブであることわかります。しかし優れているところもたくさんあります。

それは暖かいということです。それもやわらかい暖かさです。部屋を満遍なく温めます。そして、蓄熱性があるためか、就寝前に火を落としても、朝、部屋はほんわか暖かい。これはありがたいです。

そして燃料であるペレットが灯油より安いことも大きなメリット。極端に安い訳ではないが、価格変動がなく、安定供給を受けられるのです。

 

最近のペレットストーブは自動着火装置つきのもの、湯を沸かせるもの、電気を一切使わないものなど様々あるようです。どれもエアコンや灯油ファンヒーターより手間がかかるのは間違いないでしょう。しかし、ペレットストーブの暖かさに魅力を感じ、また、ペレットの安定供給を受けられるのであるならば一考してみるのも良いのかもしれません。

 

IMG_0213

使用時は煌々とペレットが燃えているのが見えます。

IMG_0212

炉の内部。毎日残灰を捨てます。2週間に一度は炉内に飛び散った灰を掃除機で吸い取ります。