ブログ|曹洞宗竹駒山延命寺(岩手県陸前高田市の寺院)

2017年2月4日

2月15日は涅槃会です。(お釈迦さまが入滅された日)

この涅槃会では、本堂東側(右側)に涅槃図が掲げられます。

延命寺でも2月1日から涅槃図を掲げております。

この涅槃図に出てくる人物が誰なのかを種々資料から調べてみました。これが難しい・・・。ひとつとして同じ構図の涅槃図は無いようです。よって、延命寺の涅槃図に付箋で人物名を書き込みましたが、確実なところのみです。

多少なりとも登場人物が解ると涅槃図に表れされた情景が眼に浮かび、大変おもしろい(?)です

どうぞご覧になって下さい。

IMG_3189

 


2017年1月17日

1月16日はお寺の御年始です

昔から正月の16日とお盆の16日は「地獄の釜の蓋が開(あ)く」と言われます。釜が開くと地獄の鬼は休日になり、地獄の亡者も責め苦を免れることができます。

そして、この日は奉公人も主人よりお休みをもらえ、郷里に帰ることを許されました。郷里に帰った者はお寺参りを欠かしませんでした。その名残が今も残っているのです。

延命寺でも朝から多くの檀信徒がお見えになられました。皆さん、本堂に入って正面に置かれた鉦(しょう)を「カンカンカン」と鳴らして御本尊様に新年のご挨拶をされてから、位牌堂に進まれてお位牌に手を合わせられます。そうしてから本堂隅に貼られた年回表をジッと眺め、「あそこのおばんちゃんはもう何回忌だ、亡くなった人は早いね」だとか「今年はおらいのおじんちゃんが年回に当たってた」と口にされます。特に今年は震災で亡くなった方々の七回忌です。多くの方々が偲ばれておりました。

年回表を確認したのちは、住職がいる庫裏の応接間に来られます。そこで、住職と新年のご挨拶を交わします。時節のことや近況報告などをお茶を飲みながらお話しします。

今年は、御年始である1月16日が月曜日ということもあり、お参りに来られる方が少なかったように感じられました。せっかく、地獄の釜が開いたのだから、世間全体がお休みになれば良いのになあと思いつつ16日を過ごしました。


先日、お世話になっているお寺様からりんごを頂戴しました。

大変美味しいりんごですが、なによりも梱包の仕方が粋です。この小さいりんごも美味でした。

 

 

img_3150-2


2017年1月2日

あけましておめでとうございます。

当延命寺でも、大晦日の日中に年窮法要を行い、新年明けてから祝祷法要を行いました。祝祷法要では昨年作成した祈祷札を須弥壇に上げてご祈祷しました。

毎年、気仙町の方が幾人か参加され一緒にお経を唱えられます。大変ありがたいたいです。今年も平穏無事に過ごせますように。

写真は祝祷諷経と氷上山中腹瀧山不動尊近くから広田湾を撮ったもの

img_3165img_3170

 

 


2016年12月7日

毎年この時期になるとお檀家各家にお上げする正月祈祷札を作成します。私の手作りなので少しばかり不格好です。しかし、お檀家さんのご自宅に伺った時に、この札が懇ろに祀られているのを見ると大変うれしくなります。

img_3147

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-16-59-15


昨日、住田城玖寺で晋山があり、法戦式が修行されました。我が息子も弁事という役を仰せつかりました。御寺院様の御指導により、無事に大役を勤め上げることができました。


当山は気仙三十三観音第八番札所で、瀧山千手観音が祀られております。

この度、名刺サイズの瀧山千手観音菩薩カードを作成しました。

御朱印もあります。ご参拝の記念にどうぞ。

img_3090


2016年11月7日

本日は立冬です。立冬にふさわしく大変寒い朝となり、霜で一面真っ白でした。今年は雪が降るのも早いかもしれません。

早く冬タイヤにせねば


来る11月12,13日に住田町城玖寺様で晋山式があります。(※晋山式の説明は11月3日のブログをご参照のこと)

その晋山式中に法戦(ほっせん)があります。法戦は修行者の第一座が己の力量を試さんが為に、他の修行者と禅問答を交わす儀式です。

その法戦で弁事という役があり、私の息子が務めることになりました。本堂左正面に掲げられた「開口板(かいくばん)」を読み上げ、そして禅問答の火蓋を切る大変重要な役です。

本日、その慣らしが行われました。普段は頼りない息子ですが、練習した成果もあり、しっかりと成し遂げました。本番が大変楽しみです。